守りはいつか破られる

実力のある者が

 

「負けてもいいから,おもいきってプレイしよう!」

 

と真に思って試合に挑んだ場合,

 

実力が下の者が勝つのはかなり厳しくなります.

 

自分より格上の選手の場合,心技体において,特に「技」,次に「体」においては勝つことは難しく,

 

格下の選手が勝つには,「心」の部分から揺さぶりをかけ,プレッシャーをかけ,「体」に影響を与え,最終的に「技」に影響を及ぼす必要があります.

 

心の状態は身体の動きに影響を与え,動きが悪ければ,本来の技を発揮することは不可能だからです.

 

もし「格下の選手に負けることは恥だ…,みっともない…」というメンタリティで試合に挑めば,たちまち負けられないプレッシャーに襲われ,

 

過去の苦い体験(トラウマ記憶)がフラッシュバックされ,不安の働きに大きく関与する脳の「扁桃体」が活性化し,

 

交感神経系が賦活,ストレス反応のループが始まってしまいます.

 

「負けたらどうしょう…」という未来に意識が向いた結果,目の前のプレイに集中している状態(マインドフルネス状態)ではなく,心ここにあらずの状態になってしまいます.

 

ただ,結果を意識せず,プレイのみに集中するという行為は,本番でいきなり行うことは困難です.

 

つまり,トレーニングが必要という事です.

 

普段からライバルや格下の仲間たちと積極的にスパーリングなどの試合形式に近い練習をし,

 

その時に「負けてもいいから自分がやりたいようにプレイをしよう!」と真に思えればOKです.

 

そこには,不安もプレッシャーも現れてきません.

 

逆に真に思えていない場合は,心拍数が上昇し,不安感が襲ってくるでしょう(何となく不快な感覚).

 

絶対に負けたくないというのなら,競技はまず行えなくなります.

 

それは,将棋でいえば,駒を一切動かさない状態です.

 

絶対に負けませんが,逆に勝つこともできません.

 

これは,ビジネスにもいえるのかもしれませんが,

 

何かをするという事は失敗はつきものですし,失敗を恐れて何も行動しなければ,何も開けてこないということです

 

守りはいつか破られます.

 

「負けてもいいから思いきってやろう!」という精神状態は,ポジティブな状態ですので,

見た目は変わらなくとも,心では攻めている状態といえます.

 

「攻撃は最大の防御」とは,人の精神状態にも当てはまるのです

 

「勝ちにいく」と「負けられない」は対極の心理状態

私は5年程前から勝ち負けを意識しない方が日本人アスリートのパフォーマンスは向上するという考えを提唱してきました.

 

今でも十分に正しいと思っていますし,ほぼ間違いない現象だと確信するまでに至りました.

 

その当時は,金メダルを取っている自分の姿をイメージする,目標を声に出して宣言する,絶対勝つんだという気持ちが大事だ,という時代でした.

 

ただ,多くの日本人アスリートの試合後のインタビューを聞いていると,

 

「勝ち急いでしまった」「メダルが頭に浮かんで緊張した」「日本の代表として負けられない」「応援してくれる人やスポンサーの為にも勝ちたい」といったワードが並び

 

「勝ちたい」という気持ちの裏側の気持ち,つまり「負けられない」という心理状態で覆いつくされているように感じたのです.

 

これは「負けたらどうしよう…」という心理状態で,とてもネガティブ(消極的)な状態です.

 

ここで,勝ち負けを放棄すれば,まず肩の荷が下ります.

 

そのままだと少し競技をする上では,エネルギー(積極性)に欠けてしまうので,

 

「思いっきり楽しもう!」「よし頑張るぞ!」「今まで練習してきたことを試合で思いっきり試したい!」「(過度な勝ち負けを放棄した状態で)勝ちにいくぞ!」

 

ニュアンス的には非常に相反することを書いているのですが,

 

この勝敗を放棄した状態で「勝ちにいくぞ!」という状態は理想的でポジティブで非常に積極的な心理状態です

 

そこには,負けたくない,負けられないという後ろ向きな気持ちはありません.

 

守ってなんとか勝利を死守するという相手のミス待ちの状態ではなく,積極的に自ら勝利を手繰り寄せてくるという状態です.

 

こうしたメンタルのトレーニングは,普段の練習から可能です.

 

例えば,後輩や同じチーム内のライバルなど,自分が実力的に少し上で,負けられないような立場の場合に上記の勝敗を放棄した状態で「勝ちにいくぞ!」という状態を意識してみるだけで,

 

ネガティブな負けられないというネガティブ要因は消えていくと思います.

 

「この人とは対戦したくないな…できれば避けたいな…」と思っている状態では,既に心がネガティブ状態となり,身体はその心理状態に引きつられ,守りに徹し,攻め時に攻められなくなり,

 

エネルギーレベル(積極性)の高い相手が勝つことはほぼ目に見えています.

 

勝ち負けを意識しないだけで,緊張はかなり取れるのですが,競技スポーツはヨガや仏教などの精神修業ではありません.

 

ヨガのように心がニュートラルな状態となり,落ち着き過ぎてしまっては,少し積極性に欠けてしまいます.

 

イメージはクールな興奮状態とでもいいましょうか?

 

これは,もしかしたら脳内ホルモンのセロトニンの働きなのかもしれません.

 

日本人はこのホルモンの働き(受容体の機能)が欧米人に比べ,少し弱いと推測されているので,

 

「負けられない」というノルアドレナリンの分泌を促すような思考を抑え込むことで,セロトニンの働きが前面に出てくることが期待されます.

 

どうぞ一度お試しください.

 

スポーツではただ反応力を高めても意味がない

「反応力」はどのスポーツ競技においても重要な要素であることは間違いありません.

 

ただ,スポーツで必要とされる反応力とは,1)素早く反応する能力と,2)素早く反応しない能力の2つになります.

 

どういうことかと言いますと,

 

通常,人の場合,視覚にまず情報が入ってきて,次にこの対象物に対して反応すべきか?否か?の選択が脳内で起こります.

 

野球で例えると,ストライクには反応してバットを振り,ボールには反応せずしっかりバットを振るのを抑えなければいけません.

 

こうした行動の促進と抑制は共に同じ前頭全皮質で行われている為,マシーンとは異なり,これらの作業は人間はとても苦労します.

 

ですので,ただ光った場所を触る動体視力トレーニングでは,全てのものに対して反応するトレーニング(全てストライク)となり,あまりスポーツにおいては実践的とはいえません.

 

赤い光には反応し,青い光には反応しないでくださいという事前アナウンスがあるだけで,反応速度は格段に落ちます.

 

それは既述しましたように,まずは視覚に入った対象物を選択するプロセスが前段階として入ってくるからです.

 

ですので,本格的な反応速度となると,

 

①ストライクか?ボールか?

 

②ストライクだ!

 

③ストライクだからバットを振ろう!

 

④実際にバットを振る動作

 

という一連のプロセス時間をいいます.

 

ちなみに③から④に移る過程で0.2秒かかります.

 

実際の野球の場合,ピッチャーの手からボールが離れ,バッターベースまで届くのに

 

ストレートなら約0.4秒,変化球なら約0.6秒と言われています.

 

つまり,脳内処理の関係でストレートだと思ってからバットを振りを完了するまでには約0.2秒しか時間が残されていないという事になります.

 

当然,目では追えません.

 

そのピッチャーのクセや雰囲気,配球ペース,状況などで多角的に判断する必要があります.

 

イチロー選手が引退する前年頃の成績不振時に「身体が反応してボール球でも手を出してしまうようになった」というようなことをおしゃっていましたが,

 

これは反応速度が上がったという良いイメージに聞こえますが,

 

実際は,反応してはいけない,つまり脳の抑制の部分の選択にミスが出始めたことを表しています.

 

将棋などでも経験の長い棋士よりも若い世代が強いのは,似た様な選択と集中の問題が少なからずあると思っています.

 

どうしても,集中,選択,反応,に関しては加齢の影響を受けてしまいます.

 

しかし,昔日の剣豪の話などを読んでいると,明らかにそうした能力以外の所(経験的に得られる何物か)で補っているように感じます.

 

脳内のシナプスは,その神経回路を使っていれば,どんどん枝分かれしていきます.

 

経験によるその枝の数の多さや,あるいはプロセスを素早く踏むための回路に関してはどんどん簡便化されていくことで,若い世代とはまた違った脳力があると私自身は信じてやみません.

 

科学技術が発達した現在では,専用機器を活用した脳トレーニングにより,こうした脳内プロセスを向上させることが科学的に可能となってきました.

コロナウイルス感染拡大防止に対する営業時間変更のお知らせ

緊急事態宣言の発出により,宣言解除まで当分の間,平日の閉館時間を21時から20時に変更をさせていただきます.

 

(土日に関しては,営業時間のご変更はございません)

 

また,御来訪時には,手へのアルコール消毒,及びマスクの常時着用をお願い致します.

 

何卒ご理解,ご協力の程,宜しくお願い致します. 辻良史

 

謹賀新年

明けまして,おめでとうございます.

昨年はコロナに始まり,コロナに終わるという大変な年となりました.

 

本年が人類にとって新たな希望が見い出せる年となれば幸いです.

 

本年も何卒宜しくお願い致します. 辻良史

 

「ゾーン」は目指すべきではない

最高の精神状態としてゾーンがよく話題に持ち出されます.

 

巷にも誰でも「ゾーン」に簡単に入れるといった文言の書籍もいくつかあります.

 

残念ながら,これは大きな誤解といえます.

 

なかなかその状態になれないからこそ神がかった精神状態として語られるわけです

 

そして,「ゾーン」を体験したことのあるアスリートがいる一方で,体験したことのないアスリートも大勢います.

 

むしろ,体験したことのないアスリートの方が大半ではないでしょうか?

 

体験したことのあるアスリートも競技人生において,1,2度ではないでしょうか?

 

つまり,その精神状態を目指すことは,到底現実的とは言えないわけです.

 

ただ,興味深いのは,ゾーンを体験したことのあるアスリートの数百人のインタビューで分かったことは,ゾーン状態では,皆,共通した同じような感覚を体験するという事です.

 

ですので,人の脳の中では,何かしらの条件が揃ったときにそうした神がかった精神状態が訪れる可能性,機能が眠っているということも十分考えられます

 

しかし,その条件というのは,前日の睡眠時間や食事内容,当日の気温,疲労度合など,いくつもの要因が組み合わさった時に誘発されるとなると,

 

やはり自発的につくりだすことはとても難しいことだと思われます.

 

そこで,私の所では,「ゾーン」に近いリラックス&集中状態,中覚醒状態を目指すことをお勧めしています.

 

「ゾーン」がピンポイントの「点」だとすれば,「中覚醒状態」は大体そのあたりの「面」だといえます

 

脳波でいえば,ローベータ波(12-18Hz)のあたり.

 

ベータ波といえば,緊張やストレスに関連する脳波のイメージがありますが,

 

ベータ波の範囲は広く,ハイベータ波(19-36Hz)に対し,ローベータ波は,仕事やスポーツなどの集中を要する場面に非常に最適な脳波なのです.

 

 

この脳波にコントロールすることは,トレーニング次第ではそれほど難しいことではありません.

 

基礎トレーニングとして,安静状態でのコントロールがある程度できるようになれば,ストレスがかかった状態でもコントロールできるように目指していきます.

 

ストレス状況下でのメンタルコントロールの重要性

マインドフルネスで「今この瞬間」に集中することも,脳波をパフォーマンス発揮に望ましい状態にコントロールすることも,ただ安静状態でトレーニングしても十分ではありません.

 

メンタルコントロールの基礎トレーニングの段階として,それらのトレーニングを行うことは十分意味があります.

 

ただ,競技現場や熾烈を争うビジネス現場では,お寺やヨガスタジオなどの安静空間ではありません.

 

ピリピリとした張り詰めた緊張現場のはずです.

 

結果を出さなければいけない現場がそうした環境なら

 

同じようなストレス状態をつくり,その中でメンタルコントロールができなければ意味がありません

 

私の所でのトレーニングの大きな特徴が,このストレスがかかった状態でのメンタルトレーニングに力を入れているところです.

 

かけるべきストレスの負荷の種類は,身体的プレッシャーと,精神的プレッシャーに分けられます.

 

それぞれトレーニングが異なります.

 

脳波のコントロールも最終的にはこうしたストレス負荷がかかった状態でコントロールできなければ,競技現場ではまず役に立たないでしょう

 

 

伝統と最新鋭のハイブリッド・メンタルトレーニング

今から数十年前,根性論が未だ根強かった時代では,勝利をもぎ取るには,気合,根性,忍耐,が第一とされてきました.

 

負ければ,「気合が足りなかったからだ!」と,普通に指導を受けていた時代です.

 

その後,少しずつ,根性論ではなく,心や精神をもっと心理学的に捉えていこうとする流れができてきました.

 

それでもメンタルを鍛えるという点に関しては,日本は後進国といえます.

 

未だにアスリートの練習時間も海外に比べ,かなり長いですし,それは,不安を払しょくする表れでもあるのです.

 

本格的にメンタルトレーニングを取り入れているアスリートもかなり少ないのが現状です.

 

ただ,本格的なメンタルトレーニングを取り入れようとすると時間もお金もそれなりに必要になってきます.

 

そこで,私がお勧めするのは,自分でできる心の整え方の習得です.

 

一度,身に付けてしまえば,定期的に通う必要もなくなります.

 

私がお勧めするのは,以下の3つのフェーズに合わせたセルフケア法です.

 

①普段から行っておくべきセルフケア

②試合当日に行っておくべきセルフケア

③試合開始直前に行っておくべきセルフケア

 

①に関しては,セルフケアとしては,ヨガや呼吸法,マインドフルネス,瞑想などになりますが,

 

本格的には(セルフケアではありませんが),脳波や自律神経のコントロールを中心に行っていきます.

 

脳波は今の覚醒レべルを推し量るのに長けています.

 

脳の興奮状態やリラックス状態などを可視化しながら,トレーニングできるのは大変アドバンテージになります.

 

そうしないと,あくまでも感覚の話,何となくのレベルでしかトレーニングできないからです.

 

ですので,伝統的,経験的に良いものはそのまま取り入れ,足りない部分は最新鋭のトレーニングで補うことで,お互いの欠点を補完し合えるようになります.

 

伝統的なもの,最新鋭なもの,どちらにも一長一短あり,長所があれば,欠点があります.

 

つまり,伝統と最新鋭のハイブリッドが重要なのです.

当スタジオにおけるコロナ対策について

現在,コロナウィルスが猛威を振るっており,東京都から3密予防に対する勧告がなされています.

 

当スタジオでは,通常通り営業は行っておりますが,3密予防の観点から,2つのスタジオの内,換気環境の優れた施設のみにてセッションを行っております.

 

その他の留意点としまして,マスクを常時着用し,センサーの取り付け時以外は,十分な距離を保ち,お客様の来訪時には,アルコール消毒にて除菌を行わせていただいております.

 

①マスク,②除菌,③距離,④換気

 

上記事項に関しまして常に気を配り,皆様が安心してセッションを受けられるように努めてまいります.

 

その他ご不明な点はどうぞお気軽にその旨をお知らせ下さい.

 

何卒宜しくお願い致します. 辻良史

 

年末年始のお休み期間

年内は12/28までの営業となり,年始は1/7からの営業となりますので,何卒宜しくお願い致します.

 

ニューロフィードバックを行うトレーナーに一番必要なこと

サイバーヨガ研究所の辻です.

 

久々の投稿となってしまいました.

 

最近は「ニューロフィードバック」と呼ばれる脳波を最適な状態にするトレーニングをご希望されるお客様が増えてまいりました.

 

このトレーニングは,一見すると頭に電極を取り付けて簡単に行えそうですが,

 

実際は国際基準に沿って正しい位置に電極を取り付ける必要があり,さらに脳波には様々なタイプがありますので,その特性に応じて測定方法を選択し変えていく必要があります.

 

また計測したデータを正しく考察するには,生理,生化学だけでなく心理学的知見も必要になってきます.

 

こうした学問は「精神生理学」と呼ばれます.

 

もちろん,脳波測定だけでなく,指先の皮膚温や発汗,筋肉の緊張状態,心拍,呼吸リズムなども計測します.

 

脳波以外の生体情報の測定やトレーニングは総称して「バイオフィードバック」と呼ばれます.

 

ニューロフィードバックは,元々バイオフィードバックの一部でした.

 

実際,今でも「脳波フィードバック」と呼ばれたりもします.

 

いずれにしましても,正しい計測には相当な練習と経験が必要だと思います.

 

といいますのも,機器を扱う以上,様々な機器トラブルに見舞われるからです.

 

このトラブルの原理を理解し,常にあらゆる方法を使って自分で治せるようにしておかないと,クライエントさんに迷惑がかかってしまいます.

 

この原理を根本から理解することは,非常に難解で困難ですが,機器トラブル対処に強いというのは非常に大きなアドバンテージだと思います.

 

そういった意味では,生理,生化学的な実験に慣れ親しんできた方は有利です.

 

センサー類の取り付け法や,ベースラインをしっかり確認することなどをよく理解されているからです.

 

そう言っている矢先に今月,私は様々な機器トラブルに見舞われてきました.

 

PCの互換性の問題やソフトのアップデート,サビによる電極の悪化,湿度上昇による電極と頭皮内におけるイオン変化のトラブル等々…

 

特に何かしらの電波を拾ってしまっているときは厄介ですね.

 

なかなかうまく計測できません…

 

電流あるところに電波ありですからね.

 

本当に日々,マシーンとの格闘です.

 

しかし,その都度,自分でトラブル解決してきましたから,ほとんどの機器トラブルは自分で対処できるようになりました.

 

今,度々,受ける計測トラブルに関しても色々と原因が分かってきました.

 

3つぐらいに原因が絞れてきましたので,あともう少しで犯人(原因)を突き止めれそうです.

 


 

ヨガ×最新テクノロジーサイバーヨガ

 

BSテレ東『カンニング竹山の新しい人生、始めます!』にて通勤ヨガ(ヨガウォーク)を指導

5月26日に放送された以下の番組内にて「通勤ヨガ(ヨガウォーク)」のレクチャーをさせていただきました.
 
アーカイブ放送が以下のリンクよりご視聴いただけます.
 
カンニング竹山の新しい人生、始めます!
 
~ 54歳で起業家に転身! 元警備員 ~
 
BSテレ東 5月26日(日)放送分

 
※6月2日(日) 21:53 配信終了
 
※私のパートは36分40秒~

もしご自宅にて実践されたい方は,
 
拙著歩くだけで やせる!通勤ヨガ Yoga Walk (ヨガウォーク)をご参考下さい.