没頭状態「マインドフルネス」について

マインドフルネスとは?

 

元々は,仏教を創始した釈迦が提唱したヴィパッサナー瞑想を主体としています.

 

その後,実践面では禅僧ティク・ナット・ハンが,研究面ではジョン・カバットジン博士のご尽力により,一般社会へと普及していきました.

 

近年では,グーグルやツイッター,ナイキ,インテルなどの大手企業の従業員の就業支援,ストレス対策として導入され,さらにハーバード大学などでの研究活動により,一躍世界にその名が知れ渡りました.

 

 

 

なぜ「今」に集中することが大事なのか?

 

それは,人がスポーツやビジネスで結果を出そうとする場合,

 

「うまくいくかな…」「失敗したらどうしよう…」という不安が出てきて,プレッシャーを感じ,本来の実力が発揮できなくなってしまうからなのです.

 

例えば,サッカーのPKの場合,選手の本来の目的はボールを蹴る行為であり,ボールが入るかどうかの予想ではないはずです.

 

しかし,多くの選手は,シュート時に過去や未来を旅してしまいます.

 

この時に,脳の中では,不安やトラウマと関わる扁桃体と呼ばる器官が活性化します.

 

人間の脳は,活動している限り「無」になることは,現実的には不可能です.

 

ですので重要なことは,雑念が浮かんできてもそれらをスルーできる能力なのです.

 

またヨガのポーズには身体をストレッチさせ,コリをほぐすリラクセーションの効果もあります.

 

つまりマインドフルネスの練習をしながら,身体がほぐれ,リラックスできるという相乗効果が生まれます.

 

 

4つのヨガポーズでの基礎訓練.今ここ

 

身体的負荷をかけた状態でのヨガポーズ

 

 

ストレス状態でのマインドフルネスの重要性

 

また,当スタジオは,あくまでも実践現場にて役立つプログラムを提供しております.

 

仕事現場や競技現場は,お寺やヨガスタジオなどのリラクセーション空間とは異なり,緊張感あふれる空間です.

 

ですので,マインドフルネス技法に関しても,安静状態で練習した後,ストレスやプレッシャーがかかった状態での練習も合わせて行っていく必要があるのです.

 

つまり,ストレス状況下におけるマインドフルネスです.

 

このストレスには大きく2種類のタイプがあり,それぞれのストレスがかかった状態での練習を行っていきます.

 

⇒ 2種類のストレスとは?